新築2世帯住居のオススメポイント

2世帯住居だったので、親世帯と自分達子世帯との住み分けを重視しました。
どこまでを共有するのか、完全分離型の2世帯なのか、2世帯同居(共有スペースあり)なのかという点です。
親世帯と子世帯で生活のスタイルも違う為、完全にプライベートをそれぞれが保てるかどうか、間取りを重点的に意識しました。後のバリアフリーにも対応できるようにです。

まずはハウスメーカーとの話し合いには家族全員で参加出来るように時間調整をしました。
設計の段階から2世帯同居(共有スペースあり)を決定していたので、玄関の広さから作り付けのシューズクローゼットの中を左右で分けられるような仕様にしたり、親世帯が1階を居住スペースにしたので、2階の子世帯のスペースに上がる際にリビングに磨りガラス調の引き戸をつけて気配は感じるけれど、それぞれの生活のペースを乱さないような工夫をしました。
浴室は共有ですが、帰宅時間が遅くなった場合などわざわざ1階におりずに済ませられるよう、2階にシャワールームを作りました。とても重宝しています。

「住んでみないとわからない」は当たり前ですが、生活のスタイルを考え、実際にその家に住んでいる気持ちで1つ1つ考えていくのが大切です。
洗濯の室内干し用のポールとか、コンセントの位置ですら大切です。1日の流れを想像して理想にお家にして下さい。

PR|西多摩で建てる二世帯住宅|