住宅購入は素材と色合いを思い通りに

私はとにかく素材と色合いにこだわりがあって日々さまざま家の雑誌などを常に研究しようやく頭金がたまったので西多摩の工務店で注文住宅の購入という段階へと移すことができました。賃貸は賃貸でよい利点はたくさんあるものです。ですが色や素材、自身の生活に100%あったものを見つけるはなかなか難しいものです。家具もそこまで広い土地ではなかったのでその広さを上手く活用し最大限に無駄のないよう色々と話し合いを重ね進めました。裸足になったとき気持ちのよい素材のものと木材にも大変時間はかけましたし、なおかつそこはお金をかけました。節約するものとお金をかけるところをきちんと話し合い決めました。土地は狭くともやはり治安を一番に考え選択しました。やはり安心して暮らせる、これは一番に大切なことです。そして居心地、これも大切で帰ってきたときに如何にくつろげるかを重要視し、なおかつ自身の生活の導線を無駄なくまとめ、その導線にあった部屋の配置にしました。ストレスのないへやの配置にする、これも大切です。